2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

JAZZ LIVEありがとう!

一昨日の夜 毎年恒例の松浦真寿美JAZZLIVEが行われました

(※まだメモリーカードをPCが読み込んでくれず、、写真がございません。どなたか対処法王をお教えください、、、)

初めての、ピアノとベースとのセットでのライブ。

一言で申しまして、とってもとっても良かったです。

毎年聞かせて頂いている松浦さんの歌も聞くたびに成熟度が増しているようにかんじられました。

ピアノの小森さんの楽しげな感じと、コントラバス吉本さんのしぶく、そして遊びを感じられる演奏も、ラ・セイバのライブならではのアットホームな雰囲気をさらに盛り上げてくれました。

遠路はるばるお越しいただいて、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いします!

そして、ご来場頂いた皆様も、本当にありがとうございました。記憶に残る初秋の夜のひとときとなっていることを願います。

ついでに、ライブ撤収後、空っぽのステージで突如行われた、『La Ceibaアコースティックライブ トリビュート TO サニーデイサービス』 (いつの間にタイトルが、、、笑)にまでお付き合いいただいたご常連の皆様。お疲れさまでした(笑)。 楽しかったですね。この番外編はクリスマスあたりにもう一度やりましょうか。。メインゲストは、La Ceibaのお客さんということで!

久しぶりに濃い土曜日の夜となりました。 思ったのは、夜10時を過ぎて、外のテーブルで、お酒を飲みながら、親しい人たちと歌を歌って過ごせるこの季節が、とても心地よかったです。 秋、 ありがとう!

さぁ、おおよそ20日後には EXPE TRIO のライブです。こちらもアコースティックなJAZZとは打って変わった雰囲気ではありますが、皆様の心と体を揺さぶること間違いなし!皆様お誘い合わせのうえ、ご来場お待ちしておりますっ!!

ではではまた。

水曜日に急きょ市リーグのサッカーに参戦することになり スパイクを新調しウキウキしている店主より

ライブ情報!!

来週土曜日 いよいよ松浦真寿美さんのライブがやってきます!まだ若干お席に余裕はあります。ご予約はお早めに!

2012a52012a5_2

また、10月12日(金)にも もう一件 ライブが決まりました。

Expea5 Expea5_2

その名も

「EXPE TRIO」 エクスペ・トリオと読みます

Spaceguitarというギタージャンルをオリジナルに確立するギタリストEXPEを中心にしたトリオでのライブ

エレクトリックな音と波の音など自然音とのミックスや、即興的でいて細かく作りこまれた楽曲は壮大でいて心と体に響き渡るスケールの大きなものばかり。

大阪を中心に活動していますが、現在の拠点は山口。同じ山口県内のアーティストとしても、おすすめです。

今までのラ・セイバでのライブとはまた違ったテイストですが、個人的にはとても気に入っています!

まず萩ではめったに聞くことのできない「音世界」です。

EXPE本人いわく「ジャズよりもわかりやすいかもしれませんよ」とのこと。

EXPE TRIOの奏でる「不思議なエレクトリック・ミュージックの世界」へ おいでませ~。

各ライブ 予約・問い合わせは 0838-21-4331 ラ・セイバまで!!

September -夏もおしまい-

 9月になりました

 また久しぶりのブログ更新 チェックしてくださっている方には申し訳ありません、、、。

 とはいえ、取り立てて目新しいことはないのですが。

 昨日まで、お店の夏休みを頂いておりました。お休み中に足を運ばれてしまったかた、申し訳ございませんでした。今回は、秋に予定している引っ越し先の手直し・掃除に追われ(古い小さなお家なので)、包丁を塗りゴテやドライバーにもちかえただけのようなお休みとなりました。

 その手直しでは、床の張り替えや、壁貼り等を店の内装を一緒に施工してくれた大工のアニキに手伝ってもらいました。アニキの仕事は、廃材を使ったり、あるものでまかなったり、あるいは思い描いたものを素直に形にしようとする柔軟なスタイルがとても素敵なんです。そして、アニキと一緒に作業をしていていつも思うのが、「アニキの仕事はみているだけでわくわくする」ということ。なるほど、これをこう使うのか、とか、こうやってやるんだね、とか、うん?何ができるんだろう?とか。見ているだけで楽しいのです。

 そんな、「何ができるんだろう?」という待つ側の期待というのは、もしかしたら飲食店にも期待されていることなのではないかと。

 お客様はもちろん、一緒に働くスタッフ、そして自分も、お皿の上に何がどのように盛りつけられていくのか、わくわくするような仕事をできたらいいな、ということを今思います。

 日中の暑さは厳しいものの、だいぶ朝夕は秋の香りもしてきました。食材も夏の野菜は「名残りのもの」になってきました。また移ろう日々を楽しめるよう、食材との良い出会いに恵まれるよう願いながら、、、10月になってしまう前に、ブログを更新しよう。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »