2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 3 weeks to go -東田トモヒロ LIVE- | トップページ | Theater La Ceiba -紙芝居劇場- »

sometime about sweets -甘い物のこと-

先日 イタリアの伝統菓子 トッローネを入荷しました

Pruneddu社が、昔からの家族のレシピを大切に守りながら作られるトッローネ

フランスのヌガーの様な キャラメルよりもさらに固く粘りのある食感とナッツの香ばしさがおいしい素朴なお菓子です。Pruneddu社のものはサルディニャ島産の蜂蜜のみを使用した地産の素材を活かした逸品。

食べ慣れない、耳慣れない トッローネ コーヒーとの相性抜群です

Photo ●手前白いのがトッローネ(くるみ入りとヘーゼルナッツ入りと2種類)

●奥はオーストリア・Zotter社のチョコレート フェアトレードカカオに粗製糖 こだわりのチョコ

●左にちらと見えているのはLalabar(ララバー) 砂糖を使わないお菓子 おもにドライフルーツを素材につかっているのでしっかりとした食べごたえと自然な甘さ 某アンチエイジングの鬼もお勧めのヘルシーコンフェクショナリー

どれもこれも 「本物」 です 無添加であるとかだけではなく

「食べ物」=「美味しいもの」であるべき、という点で「本物」だと思います

そういものを、届けたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、甘いもののついでに

当店の甘いもののご紹介をあまりしたことがなかったので、、、

うちで手作りしている「甘いもの」も本物であることをもちろん目指しています

とはいえ、まだまだ未熟な私たち せめて素材にはやはり出来る限りこだわっていきたい

砂糖はミネラル分や蜜を含んだ粗製糖 タマゴは平飼いタマゴ 小麦は国産 ミルクはノンホモジナイズド 無農薬のドライフルーツ フェアトレード&オーガニックのク―ベルチュール

100%ではないですが、出来る限り「本物」をちゃんとお客様に伝えたいと

「嘘」のものがあふれかえっているから 「本物」がただ「高い」という風に思われてしまうのではなく、「相応の価値」があっての「価格」であると感じてもらえるように

「問答無用で美味しい」ことが最前提 

なのでお店ではあまり説明をしてこなかったのですが

トッローネに刺激されて 説明してしまいました

最後にうちの「甘いもの」の写真をすこし

Photo_2 Photo_3 Photo_4

左から

●夏に作った 自家製バニラアイスクリーム 山桃ソース

●メープル&クリーム プディング

●ピスタチオのチーズケーキ

« 3 weeks to go -東田トモヒロ LIVE- | トップページ | Theater La Ceiba -紙芝居劇場- »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

フレンチトーストも、メイプルシロップ+ホイップ生クリームたっぷりでSo Sweetcake

>sanatarowさん
いつもありがとうございます。
フレンチToast、隠れファンが多いと見受けております、、。うれしく思います。
またお待ちしております。

刺激すぎ!!!
フェアトレードチョコ大好き!トローネも!
生スイーツ〜あ〜危険(*^_^*)

紙芝居の告知、来週、になってますが・・。日時は26日と・・。

あと、木原さん?の生クリームの何たら(すんません)添えのケーキ類があったような気が・・。

前出のコメント、失礼しました。こっちの勘違い、26日といえばもう来週なのであった・・sad

〉まきまきさま
こんにちは。美味しいチョコを知ってしまうと、チョコレートって本当にすごいお菓子だなぁと思います。ぜひ御味見頂きたいですが、なかなか萩には来られませんですよね、、、。必ずやその機会があることを。
〉sanatarowさま
あっという間に、そう、来週なんですよね、、。たぶん「木次の純生クリームと蜂蜜のロールケーキ」のことですかね。これはもう生クリームが冬季限定生産なので、次の冬までできませんー。そのほか、季節を考えながらいろいろなケーキをご用意していますんですよ~。どうぞお試しくださいませ。

いや〜相変わらず写真がお上手!
写真は「真実を写す」ですからね。
本物の味が、写真からも伝わってきますよ。
これからも心のこもったおいしいものを
作り続けてくださいね。

>豆 煮え子 さま
いつもありがとうございます。
「相変わらず写真がお上手」
と、言われるには大分気が引けてしまうのですが、、、、。今回の写真は、なぜか、なぜか、自分でも思いますが「よく撮れてしまって」、、。それ以来新しいものは上手にとれなくて。
腕はないですが、心のこもり具合、思いのかけ具合では、全力でありたいと常々思っております。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514757/47817272

この記事へのトラックバック一覧です: sometime about sweets -甘い物のこと-:

« 3 weeks to go -東田トモヒロ LIVE- | トップページ | Theater La Ceiba -紙芝居劇場- »