2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 塩祭 ありがとう | トップページ | Granpa's RICE -新米入荷- »

REPORT -塩祭-

真夏の日差しが戻った8月最後の日曜日

みんなと 手と足と 自然の恵みが

たくさんの「塩」をもたらした

Tools

萩の海水から「塩」を作る というワークショップ

天候があやぶまれつつも、当日はまたとない夏日

青長谷の海岸で波にたわむれ カレーをほおばり

たくさんの塩をつくることができました。

今日はその塩祭について、自然との距離感、自然の存在、

について、5感で感じた一日についてレポートします

<<<<>>>>

2008年8月31日 

AM8:00

塩つくりにひつような機材を「塩先生」とともに車に積み込み出発

いいー天気!

Photo

AM9:00

目的の海岸に到着、機材を積み下ろし、さっそく「塩田」となる

スペースを確保。ここの所続いたオンショアと大潮の影響で

思いのほかゴミがたくさん。中国語や韓国語のかかれたペットボトルも

ちらほら。けれど、ゴミ集めに熊手をかけると、砂がキュッキュッと鳴る。

まだまだ間に合うね。

Photo_2

Photo_3

AM10:00

広さにして7メートル×20メートルの広さを「塩田」と区切り、

そこにいよいよ海水をまいていく。両手にもったバケツ一杯に海水をくみ

塩田にちろちろ、ときには横着してばしゃっとまいていく。

強い日差しではあるものの、そう簡単には乾かない。やがて塩田がだんだんと

湿っていく。

女子3人、地元ケーブルテレビクルー、宇部からのファミリー3人など続々

参加者到着。半分わかったような、半分わからないようなまま、塩つくりに参加

海水まきをかわるがわる。

Photo_4

Tv

AM10:45

一通り、海水をまいて、そのうえに熊手で溝をつけて、表面積をおおきくしてやる。そのまま

表面が白く乾くまで待機。つまり、遊ぶ!! 主催者はここで早速ロングボードを片手に海へ。

へたっぴサーフィンを、参加者そっちのけで満喫!

海から上がると、この日の、一番の働き者、スタッフのお母様が到着。さっそく、かまどをつくり

火を焚き、ゆで卵&味噌汁&飯盒炊爨開始! 直火のご飯はおいしいぞー。

Maindish

Breaktime

AM12:30

まもなく到着予定のカレーを待ちつつ、塩つくりは次の工程へ

海水をまいた砂の表面だけを回収してフィルターつきの器に集める

Filtering_machine

Photo_5

砂の表面に付いた塩ほしいのでこのフィルターマシーンでしっかりあとで

砂を濾すことになる。

マシーンに砂がいっぱいになったところで、今度はさらに海水をこのマシーンに

流し込み、砂についた塩を流し取る。こうすうることで、通常の海水よりも塩分濃度の

濃い海水が、つまり濃縮海水ができあがるのであるーーーー。

Relay

下の写真は、記念すべき1stドリップ。ちょっとどうしても砂が交じってしまうがそれはご愛敬

(ちなみに今回の塩つくりに使った道具は、「塩先生」の手作り!)

1st_drip

PM2:00

スタッフの手によって無事に届けられたLa Ceiba特製カレーの到着でみんな腹ごしらえ

しばし休憩している間に、濃縮海水液は、大なべの中で焚き火で煮詰められていく

Boiler

Waiting

煮詰めはじめから、2時間半。全体の3分の1くらいになったところから、薄茶色、砂浜の

砂より少し黄色がかったような浮遊物が見え始める。塩だ。

ここから水分がとぶのはあっというま、ナベ底に焦げ付かないようにヘラでこそぎながら

さらに煮詰める。ほぼ水分がなくなったころに、おたまでできたての塩をすくい、ざるにとっていく。

「おお、今回はだいぶ取れたぞー」という先生の声に、みんな頬がほころぶ。

たくさん遊んだけど、ちゃんとたくさん働いたものね。

PM5:00

およそ1kg強のできたてのお塩。みんな少しずつ指先にとってなめてみる。

「塩辛い、、」「おいしい、、、」感想はさまざま。にがりを抜いていないのでまだ

いろいろな味が混在したままの生の塩ではあるものの、本当にうまみがあるような

気がする。気がする。

最後に塩先生を囲んで、一応解散式。

途中ぱらぱらと雨が降ったものの、とにかく素晴らしい夏の一日となりました。

また、来年。ぜひやりたいとそう思った夕暮れでした。

塩先生、スタッフのお母様、ゆーみん、来てくださった皆さん、本当にありがとう。

自分にとってもかけがいのない体験となりました。

いつまでもこんなことができるような、素晴らしい海がいつまでもありますように。

最後に、海に感謝!

**塩は多々今お店で乾燥中。

Photo_6

にがりをぬくまえのお塩というのも非日常かもしれません。

ぜひ、お店にみにきてくださいね。できあがったら、参加者の皆さんで山分け。残りは

お店で提供しますよー。。

« 塩祭 ありがとう | トップページ | Granpa's RICE -新米入荷- »

REPORT」カテゴリの記事

コメント

携帯mixiからでも見られるようになってるねぇ。写真は半分くらいしかうつらないけど。コメントはこっちにこないとダメみたい。
いやいや、塩祭りいいねぇ〜♪
いつか、三線持って参加したいよ。
こちらは明日、夜、コンドイビーチで三線ビーチパーリィ。がんばってきまーす♪

はじめまして
宇部から参加した みょうし です^^
何枚か写真に写っていたので嬉しくてコメントです
あれは本当に素敵なイベントでした。
イルカに会えたのもいい思い出。遠くから遥々行った甲斐があったです。
塩も楽しみに待ってます(^◇^)┛

>てんすけ
携帯からまだチェックしたことないんですよね、、。見てみよう。
塩祭、てんちゃんは大好きだと思うよ!来年もやる気まんまんです!いまのところ!
今回はジャンベを持っていったのだけれど、いまいちそれで盛り上がるよりも、海遊びに夢中でした。音楽もあるといいねー。

>みょうし さん
お疲れ様でした。Kids二人は帰りの車でぐっすりだったのでは。。。?ありがとうございました。
そうそう、イルカの話をすっかりのせていなかったですね。あれは、たぶん、砂浜でみんなが楽しそうに遊んでいたからイルカたちは寄ってきたんだと僕は信じていますっ!なんにせよ、あんなに近くまできてくれたのは、忘れられない思いでですね。お子さんたちにとっても良い思い出として残ってくれると良いなと願います。
塩はまもなく完成しますので、お楽しみニー。
またお会いしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514757/42388085

この記事へのトラックバック一覧です: REPORT -塩祭-:

« 塩祭 ありがとう | トップページ | Granpa's RICE -新米入荷- »